FC2ブログ

introと、出会った。 

たまに、急に思い出したようにブログを書く。

ので、

前の記事が凄く古かったりして恥ずかしくなったり

過去の自分に励まされたりして、面白いです。


時間をつくって、プロフィールとか、情報とか、綺麗に整理しよう。

脳内の物置みたいになってしまっていて、このままではブログが可哀想だ。



昨日、
intro「わたし−THE CASSETTE TAPE GIRLS DIARY-」札幌公演が終了しました。
ご来場くださった皆様、本当に有難うございます。


introとは、初めて出会ったのに、とても清々しく懐かしい感じがする。
きっと、似ているんだと思う。


それは、私の好き嫌いだけではなくて、元々持っている素材の部分が、似ているのだろう。と思う。
打ち上げで交わした言葉は、呼吸がしやすかった。感覚として、掴める。


だいたい、いつも、私は人の言っていることがわからない。
それは自分の知識不足が原因だと思っていたのだけれど、
単純に、全く違うからなんだな。笑
そして、その違いに私は普段、とても怯えているんだな。
笑っちゃう。笑


経験値も、素質も、感性も、違うのは当たり前なのにね。



自分を殺す


というのは、どうゆうことなんだろう。

今日、バイトをしながら、それについてばかり考えていた。

憧れ。や、尊敬。
っていうのは、自分から遠いところにあるものだ。
エネルギーの源であり、希望であり、追いかける先でもある。
けれど、
自分とは違う。
から、近づこうとするものだ。


呼吸がしやすい。
というのは、自分と近いのだと思う。
それが、自分らしさってことなんだろうか。


違っているものと混ざり合うことの方が難しいなら、
私はそれと混ざり合いたい。

混ざることが難しいものと混ざり合いたい。

どう接していいか分からないものを触りたい。

好奇心は怪我をするんだろうか。
違うもの混ざることは、自分を殺すことと紙一重なんだろうな。

自分らしさをそのままに
自分を責めずに、殺さずにいられる強さがあれば、きっと混ざり合える。

自分にしか出来ない
違うもの達と、同じだけのパワーで対抗できる
「らしさ」
が、もう少しで掴めそうな気がしているのです。

違うものに、追いつこうとしても追いつけるはずがないもんね。

だって、それは、私じゃないんだもの。
ちょっと、原点に立ち戻ってみよう。


あ。スッキリした。笑
変なブログになっちまった。笑


東京公演も頑張ります。
とても、楽しみです。




スポンサーサイト



category: Diary

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://firstroom.blog64.fc2.com/tb.php/1193-6cc87204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

oener解説

最新記事

FirstRoom内で検索

月別アーカイブ

yui.sに手紙を送る

リンク

QRコード

FC2ブログランキング