FC2ブログ

「きみしかいない」を終えて 

ご来場下さった皆様、応援してくださった皆様。
本当にありがとうございました。

劇団千年王國「きみしかいない」無事に終演いたしました。


気づけばもぅ、ひと月もブログを書いていなかった様です。
何かを書くにいたらないほど、グルグルと思考と妄想の中にいたのでしょう。

今思えば
今作品と向き合うのに、大変な精神力を使ったように思います。

いつもの、お芝居を作るという大変さとは違う、大変さ。
今の日本と向き合う、ということ。
答えのない、未来を考える、ということ。
手探りで、いろんなものを掴んでは離していた。


神様という名前を持つ者について考えました。
新たに生まれた命と、その母のことを想いました。
この先の未来の在り方について考えました。
自分が何をすべきかを考えました。


どんな絶望の中にも、希望は決して無くならずそこにある。
新しい命。誰かの温もり。指し伸ばされた手。呼びかける声。

誰かにとっての希望で在りたい、と思う。
新たな希望を増やしたい、と思う。


お芝居を終えて、今そんな風に想っています。


いつか子供を産みたいな。

と、生まれて初めて感じたよ。





スポンサーサイト



category: Diary

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://firstroom.blog64.fc2.com/tb.php/1094-83fb6560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

oener解説

最新記事

FirstRoom内で検索

月別アーカイブ

yui.sに手紙を送る

リンク

QRコード

FC2ブログランキング